卵管閉塞になると、排卵しなくなるの?という疑問を抱く人も多いでしょう。 そもそも卵管閉塞とは、卵管の一部が炎症や詰まりによって塞がってしまうことです。 卵管は塞がってしまいますが、その他の機能に異常があるわけではないため、排卵そのものはきちんと正常に行われます。 では、卵巣から排出された卵子はどうなるのかというと、そこが問題なのです。 通常であれば、排出された卵子と卵管を通ってきた精子が出会って受精します。 ところが、卵管閉塞になってしまった場合には、卵管を通ることができないので、精子が卵子までたどり着くことができません。 そのため、受精することができずに、不妊という残念な結果を招いてしまいます。 しかし、片側の卵管が通っているのであれば、そちらの卵巣から排卵すれば、自然妊娠も可能となるでしょう。 また、炎症を起こしている場合には、わずかに隙間ができることもあります。 そういった場合には受精できる可能性も出てきますので、卵管閉塞であっても妊娠できたケースもあるそうです。